top of page
  • Medifeliz 代表

頭皮ケアについて

更新日:2023年7月19日

今、弊社では頭皮ケア製品を製作しています。

特に「髪は顔の額縁」と言われるように、現代の女性にとってメイク同様とても

重要な箇所。「髪がキマらないと1日憂鬱」なんて事も聞きます。

それくらい髪はメンタルを支える大事な箇所だと思います。

なぜ、私が頭皮ヘアをおせっかいしたいかというと、私自身が20代30代と悩んでいた時期があり頭皮ケアを長年続けて本当に良かったとこの歳になって改めて心底思ったからです。


私の髪質は細くて柔らかい猫っ毛です。ボリュームも出にくく年齢より老けて見られたり

ペシャンと崩れてしまった時には頭皮すら見えてしまったりすることもありました。

美容師さんに相談すると、髪の量はしっかりあるのだけど、やはり髪が細かったり元気がなかったりしていたそうです。なので、まずは元気な髪を作る頭皮のケアをやってみては?と言われ、当時今ほど頭皮ケアグッズや情報もなかったのですが、調べた通販サイトで買った育毛剤を買い、続けること約10年以上。現在の私の髪は、20代30代の頃よりも太く元気な髪でボリュームも出て、40代以降の悩みの白髪対策のカラーリング、ヘアアイロンによるアレンジなどにも耐え、実年齢よりも若く見られる髪質となりました。

もし、若い時に髪に悩みがなかったとしても、年齢を重ねていくうちに、白髪やうねり、パサつきは避けられない老化が始まります。その時に少しでも髪の老化を遅らせ、抑えられるのであれば、やらない手はないとおもいます。

では、その頭皮ケアとは?? 単に売られている育毛剤を使用すれば良いということではなく、頭皮のメカニズムなど知っておくだけで日々のシャンプーなどの時に少しで工夫できるのではないかと思います。その知識こそ、身近な抗老化予防です。


頭皮はお顔と同じ皮膚つながっていますが、お顔の部分の皮膚と違って、皮脂の分泌が2倍以上だそうです。そこに毛髪や毛穴もたくさん。メイクこそしないのですが、頭皮も清潔に保ち、お顔の部分同様保湿もきちんとしたい箇所です。

保湿もきちんとバランスよく保たなければ、乾燥し皮脂の分泌をさらに促してしまいます。皮脂が多いと毛穴に角栓として詰まってしまい、吹き出物ができたり、育毛剤を使用しても元気な毛髪をつくる栄養素が届かなかったりと、トラブルだけでなく効果もありません。まずは毎日のシャンプーで汚れや皮脂を洗い、育毛剤などで保湿のバランスを保たせや頭皮の下にある毛根内で髪を成長させる環境を作って行きましょう。

毎日のシャンプーには地肌に優しいアミノ酸系や植物由来の物がおすすめです。

強い洗浄力のあるものは、保湿に必要な皮脂を取りすぎてしまい、皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。また、爪などで傷を付けないよう手の指の腹で優しく洗います。シャンプーブラシなどを使用するのもおすすめです。血行が良くなり、毛根の働きを促してくれます。


清潔な頭皮があってこその育毛剤です。

ただ、育毛剤を使用するという行為が使い慣れていないと本当に忘れてしまいます。

私は毎日のシャンプー後のドライヤーの前にサッとふりかけ、全体になじませるように軽くマッサージをしたあとドライヤーをします。ドライヤーの前の濡れた髪ならその後の

髪のセットにも影響は少ないですし、何より流れ作業で簡単に行えます。

収納もあえてドライヤーの横において収納し、ニコイチのセット化をしました。

これなら忘れずにいられます。

何より、毎日の小さな継続こそが将来の分かれ道というべき大きな成果につながります。


ちなみに弊社で制作している育毛剤ですが、ドライヤーの横やあえて見える表の棚に置いたり、旅行やお泊まりなどで持ち運んだりした時も気にならないおしゃれで可愛いデザインにこだわりました。私が頭皮ケアを始めた時は、まさにコンプレックス商材と言わんばかりの地味なデザイン。なんだか頭皮ケア自体がとてもネガティブな印象を与えてしまうようなデザインが多く、商品が本当に良くてもお友達に勧めにくかったり、悩みを打ち明けにくい感じでした。けれどそれこそ今はSNSの時代。良いものは良いとお勧めできたり、情報の共有が昔と変わっています。

頭皮ケア自体、何もネガティブなことではありません。ケアをしていない方がネガティブで

年齢を重ねた時に、やっておけば良かった!と後悔するのであれば、若いうちから頭皮ケアをすることはポジティブであり、健やかなメンタルに有効な抗老化の予防といえます。

これは私が自信をもっておすすめするおせっかいです。


また後に、白髪のメカニズムなどもご紹介していこうと思っています。













閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page